MENU

妊娠するとおりものの臭いは変化する?

妊娠するとおりものの臭いは変わる?

妊娠すると、女性の体には様々な変化が起こります。
毎日見ているおりものもその変化のひとつです。
オリモノの変化によって妊娠に気がついたという人も多いようです。

 

女性ホルモンと深い関係がある、妊娠とおりものの関係について考えてみましょう。

 

女性ホルモンとおりものの関係性とは?

おりものは女性ホルモンの影響と深く関わっているため、生理周期によって変化が見られます。

 

卵胞期卵胞期前半

おりものは量が少なく、色も薄いことが多いようです。
卵胞期後半になるにつれ、徐々におりもの量が増え始めます。

 

排卵期

一番おりもの量が増えるとされているのが排卵期です。
最も妊娠に適した状態におりものが変化している時と言えます。

 

豊富な量とサラサラした質感で、精子がスムーズに卵子に届くようなサポートをするのが、排卵期のおりものの役割です。

 

黄体期黄体期

おりものの量は減りますが、粘度が高くなり、ドロドロした状態になっていきます。
まだにおいはそれほど強くありません。

 

生理前

生理直前になると、またおりものの量が増え始めます。
最も強くにおうのが生理前のおりものだと言われています。
色は白濁色ですが、直前になると血が混じることもあるようです。

 

妊娠初期のおりものの特徴とは?

妊娠初期のおりものの特徴

妊娠初期のおりものは、量こそ増加しますが、サラサラでにおいが少ないのが特徴です。
おりものの量が急に増えて「妊娠では?」と気が付く人も多いのだそう。

 

また、普段は透明や白っぽいおりものだった人が、黄色や少し茶色がかったおりものに変化したという報告もありますが、色に関しては個人差も大きいようです。
いずれにせよ、普段のおりものの状態を把握しておくと変化に気がつきやすいものです。

 

妊娠初期のおりものは、どのように変化するの?

受精卵が着床したばかりの妊娠初期は、様々な変化を体にもたらします。
この時期は黄体ホルモンの活発な分泌とエストロゲンの相互的な関係によって、おりものが増えるのが特徴的です。

 

下着がかなり汚れる場合もあるようなので、頻繁に着替えたり、おりものシートを活用して清潔にしておきましょう。

 

最後に

妊娠前の自分のおりものの量やにおい、色などを知っておくと、妊娠時や病気の際の目安になりますね。
何となく、「汚い」「くさい」というネガティブなイメージが強いおりものですが、女性の体を守り、スムーズな妊娠をサポートするという重要な任務を果たす大切なものです。
普段から自分のおりものの状態を知っておくと、早期の妊娠や病気に気がつきやすいといえますね。