MENU

おりものが臭いやすい人の特徴とは?

おりものが臭いやすい人の特徴

おりものの臭いは、誰にでもある程度はあるものなので、あまり気にしない方がいいとも言われています。
ですが、そうはいっても、気になるもの。
自分のにおいも気になるけれど、まわりの女性からおりもののにおいがすると、ゲンナリしてしまうこともありますね。

 

おりものが臭くなりやすい人には、何か特徴があるのでしょうか?
においやすい人の特徴をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

 

ワキガの人はおりものも臭くなりやすい!

アポクリン腺が多く存在するワキガ体質の人からは、強いおりもののにおいが発せられる場合が多いようです。
これはワキガの人のおりものが臭いワケではなく、陰部周辺にもアポクリン腺が多くあるせいで、下着に付着したおりものにワキガのにおいが付いてしまうのが原因です。
一般的には「すそわきが」などとも呼ばれている症例ですね。

 

対処法としては、毎日の清浄が最も大切ですが、本人はワキガ同様、においに気がついていない場合が多く、改善するのは難しいといえるでしょう。
自分の耳垢がベタベタしている人は、アポクリン腺が多い傾向にあるので、自分でチェックして気を付けるようにしたいものです。

 

汗かきの人やデリケートゾーンの毛が濃い人も臭いに注意!

おりものが臭いやすい人

おりものは、下着に付いた時点では、さほど臭いものではありません。
しかし、汗や皮脂などに触れて、雑菌などと一緒におりもののにおいが分解されると、強いにおいを発する場合もあるようです。
そのため、汗かきの人は、汗をかきにくい人に比べて、おりものがにおいやすいです。

 

また、デリケートゾーンの毛が濃い人は、ヘアにおりものが付着し、雑菌などが繁殖して臭くなる時があります。

 

汗かきの人は吸湿性のいい下着を身に付けたり、おりものシートをこまめに替えて汗によるにおいの発生を防ぐようにしましょう。
デリケートゾーンの毛が濃い人は、脱毛ケアなどをすることで改善が見込めます。

 

婦人科系の病気の人のおりものは臭くなる!

おりものが臭いやすい人

婦人科系の病気がある人は、おりものが臭くなるケースが多いようです。
まさに、おりもののにおいで病気が発覚することも多々あるので、突然、普段のにおいよりも急激に臭くなった場合は、婦人科系の病気を疑っていいかもしれません。

 

特に魚が腐ったようなにおいや、鼻をつく刺激臭がする場合は注意が必要です。
病気が原因でおりものが臭い時は、症状が治まればにおいも無くなるので、早めの受診が大切です。

 

最後に

上記のほかにも、肉や魚などの高タンパク質・高脂肪のものを多く食べる人など、おりものが臭くなりやすい人はいます。

 

諦めずに、こまめなケアをすることによって、軽減することは可能です。
おりもの自体が悪臭なのか、下着に付着してからにおいを発するのか等、普段の状態を見極めて改善策に取り組みましょう。