MENU

生理前はおりものの臭いが変わる?

生理前でお腹が痛い女性

生理前は、頭痛がしたり、イライラするなどという症状のほか、お腹が痛くなったり、腰痛が酷くなるなど、様々なことが起きやすい時期です。
おりものも生理前には変化があるようで、特に「におい」が変わると感じる方も多いようです。
なぜ、生理前におりもののにおいが変わるのでしょうか?
理由を探ってみましょう。

 

おりものの量やにおいには女性ホルモンが作用する!

オリモノは、女性の膣内の乾燥を防いだり、膣内環境を健やかにキープする役割を果たす大切なものです。

 

また、排卵期には精子がスムーズに卵子に到達するためのサポート役をも担っています。
これらは全て、女性ホルモンの働きによって行われますが、生理周期に合わせて最適なおりものを分泌するという、まさに神秘的ともいえる作用によって、おりものの状態が変化していくことが分かっています。

 

特に排卵期のおりものは量が豊富で色は半透明、サラサラした質感で、精子が入ってきたら優しく包み込んで、卵子へと誘う役割を果たします。
ホルモンの作用によって、女性の体に合わせたおりものが、常に分泌されていることが分かりますね!

 

生理前におりものの匂いが強くなるのは卵胞ホルモンのせい?

普通は甘酸っぱいにおいである「おりもの」ですが、生理前にはにおいが強くなると感じている女性が多いようです。
なぜなのでしょうか?

 

女性の生理は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの相互関係において発生するものですが、生理前はおりものの分泌を活性化する、卵胞ホルモンが活動を始める時期と重なります。
そのため、量が少しずつ増えるのと同時に、においも強くなる傾向にあると考えられているようです。

 

ホルモンバランスの乱れで汗や皮脂が増加して臭くなるケースも!

おりもの自体のニオイの変化はないのに、なぜか臭さを感じる場合は、生理前のホルモンバランスの乱れによって、汗や皮脂の分泌が増えているのが原因になっているケースも考えられます。
下着についたおりものは、汗や皮脂と混じりあい、雑菌などと一緒ににおいが分解されていきますが、この時に臭いにおいが発生するようです。

 

普段はあまり汗をかかない、または皮脂が分泌されないのに、生理前はなぜか増加してしまう…という人は意外と多くいるようです。
そのため、普段より強いにおいを発するため、生理前のおりものは臭い!と感じてしまうようです。

 

特に心配する必要はありませんが、気になる方は、おりものシートを使ったりするなどして、こまめに汗や皮脂を取ると良いでしょう。

 

最後に

生理前はホルモンバランスが乱れやすいため、様々な症状を引き起こします。
生理前のオリモノの匂いの変化も、女性ホルモンの影響が強いと考えられているようですね。
生臭いにおいや刺激臭でない限りは、病気ではないので、あまり心配する必要はなさそうです。

 

それでも気になるという方は、デリケートゾーンケアグッズ等で、臭い対策をするようにしましょう。